スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


25%減でも経済成長可能=温暖化対策で試算−環境省検討会(時事通信)

 2020年までに温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減する目標の達成策について議論してきた環境省の有識者検討会は26日、地球温暖化対策を強化しても経済成長は可能だとする試算をまとめた。
 試算によると、25%削減に必要な対策を講じた場合の20年時点での国内総生産(GDP)は、対策を強化しないときと比べて最大0.4%(2兆3960億円)増加するという。GDPを押し上げるのは、温暖化対策に関連する投資が増えるためとしている。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「地球温暖化対策基本法案」
独自の排出枠制度を検討=直嶋経産相
中国銀、環境配慮型住宅ローンを取り扱い=広島市条例に協賛
自動車関係税見直しで研究会=30日に初会合
日本核武装論「根拠なし」=先制不使用の宣言を

雑記帳 五輪銅の加藤選手が凱旋パレード 山形(毎日新聞)
ボンネットバスで観光振興=鹿児島〔地域〕(時事通信)
竹下通りであわや大惨事!「芸能人がいる」デマに女性殺到し将棋倒し(スポーツ報知)
別の乳児白骨体も発見 プランターに遺棄の逮捕母「2年前に捨てた」(産経新聞)
パチンコ店に強盗 300万と換金用景品奪う(産経新聞)

館長雇い止め、人格権侵害認める=豊中市に賠償命令−大阪高裁(時事通信)

 大阪府豊中市が男女共同参画推進センター館長の雇用契約更新を拒否したのは違法として、元東京都議で女性政策研究家の三井マリ子さん(61)が同市などを相手取り、1200万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が30日、大阪高裁であった。塩月秀平裁判長は、請求を棄却した一審判決を変更し、同市などの人格権侵害を認定、150万円の賠償を命じた。
 判決によると、三井さんは2000年、非常勤の館長に就任。1年ごとに雇用契約を更新していたが、常勤化を打ち出した市が公募で別人を選び、不合格となった三井さんは04年3月で雇い止めされた。
 塩月裁判長は「三井さんの行動に反対する勢力から受けた組織的な攻撃に市が屈した」と認定。「説明せずに常勤化に動いたのは人格権の侵害」と判断した。
 判決を受け、三井さんは記者会見し「非常勤の人たちにとって判決は大きな力になる。行政はもっと真剣に男女平等に取り組むべきだ」と笑顔で話した。
 豊中市の永原武敏人権文化部長の話 大変残念。判決内容を精査し、今後の対応を検討する。 

参院選公約に「国民の声」反映=4月からタウンミーティング−民主(時事通信)
「名ばかり取締役」解雇無効=組合加入理由は不当−佐賀地裁(時事通信)
普天間移設 徳之島、4200人「反対」…島守ろうと集会(毎日新聞)
GSK社製2368万回分を解約、違約金なし―輸入新型ワクチン(医療介護CBニュース)
<河村たかし市長>リコール陣頭指揮 議会対決一段と先鋭化(毎日新聞)

「厳正に対処したい」=職員逮捕で警視庁(時事通信)

 電車内で痴漢行為をしたとして警視庁蔵前署警務課長代理の斉藤順一容疑者(58)が逮捕された事件で、同庁の桜沢健一警務部参事官は26日、「誠に遺憾。捜査結果を待って厳正に対処したい」とのコメントを出した。 

【関連ニュース】
警視庁職員を逮捕=女性教諭に痴漢容疑
盗撮の高検検事に罰金50万円=「過去に3回やった」
盗撮で罰金の警視、停職6カ月=退職金は支給
盗撮の自衛官を現行犯逮捕=駅エスカレーターで
電車内で痴漢、京大生逮捕=女子学生の太もも触る

子供救援名目募金 日教組、連合に1億円 政治行為? 首相「調査必要」(産経新聞)
神奈川労働局長がキセル乗車、懲戒処分に(読売新聞)
野党が一斉攻勢、小林千代美氏の議員辞職求める(読売新聞)
こいのぼり 大空に“放流”間もなく 埼玉・加須(毎日新聞)
現存最古「慶祝の舞」鮮やか 京都・平等院(産経新聞)

離婚直後に元妻絞め殺す 逃走していた40歳男が自首 茨城(産経新聞)

 元妻を絞め殺したとして、茨城県警鹿嶋署は20日、殺人容疑で茨城県神栖市大野原、トラック運転手、堀田憲和容疑者(40)を逮捕した。同署によると、堀田容疑者は容疑を認めている。

 同署の調べによると、堀田容疑者は19日午前9時ごろ、自宅寝室で元妻、みゆきさん(36)の首を電気製品のコードで絞めて殺害した疑いが持たれている。

 同署によると、堀田容疑者は20日午前8時10分ごろ、水戸署管内の交番に「妻を殺してしまった」と自首、緊急逮捕された。堀田容疑者は元妻を殺害後、県外に逃走したが、友人に説得され、北関東道水戸大洗インターチェンジ付近の交番に自首したという。

 同署によると、2人は16日に離婚、17日には、みゆきさんが鹿嶋署管内の交番に「同居している元夫から暴力を受けている」と相談に来た。みゆきさんは堀田容疑者と別居した後で被害届を出すと言って帰宅したという。

【関連記事】
母娘死傷、殺人容疑の夫は遺体で発見 大分
妻殺害の容疑で夫を逮捕 静岡県警
介護疲れで妻の首絞める 78歳夫を殺人未遂容疑で逮捕 兵庫県警
痴話げんかの末、女性に火を付けた男逮捕 大阪
最愛の妻を手をかけた夫の苦悩 「老老介護」の悲劇

福岡の連続保険金殺人 元看護師の死刑確定へ 最高裁が上告棄却(産経新聞)
期限切れワクチン接種=小学生4人に−前橋市(時事通信)
「祇園の夜桜」食べ残し狙うカラス集まり衰え(読売新聞)
窃盗 国重文の仏像、大阪の寺から盗まれる(毎日新聞)
大阪と京都で3人を刺した石津被告に懲役20年(産経新聞)

薬害C型肝炎訴訟 カルテなし原告和解 東北初の成立(河北新報)

 薬害C型肝炎東北訴訟で、カルテが残っていない岩手、秋田両県の女性2人と宮城、山形、福島3県の男女5人の計7人が17日、仙台地裁で国と和解したり、被告の製薬会社への請求権を放棄したりして訴訟が終結した。カルテがない原告の和解成立は東北で初めて。

 カルテが残っていなかった2人はともに50代。岩手の女性は1988年に宮城県内の病院で、秋田の女性は秋田県内の病院で、ともに出産時に血液製剤フィブリノゲンを使用されて慢性肝炎になった。訴訟では血液製剤の投与を裏付けるため、当時の担当医と原告本人の証人尋問を実施。当時の診療基準などから、製剤の投与を立証した。

 弁護団は「決定的な証拠になるカルテや具体的記憶がないケースでも、国は投与があったことを認めた。患者救済の道がさらに広がった」と評価した。

 ほかに和解した原告5人(うち1人死亡)は80〜91年、手術や出産時にフィブリノゲンを投与され、慢性肝炎や肝細胞がんを患った。東北訴訟の原告119人のうち、訴訟終結者は86人となった。


公明・山口代表、参院福岡選挙区での擁立に含み(産経新聞)
【自民党「苦悩」の現場】「邦夫の乱」は収束 執行部批判…幹部からも(産経新聞)
<埼玉県警商標権侵害>陸上幕僚長が警察庁に再発防止を要請(毎日新聞)
<脱税>「水谷建設」元会長を仮釈放 08年5月に収監(毎日新聞)
<村田元外務次官死去>日米密約調査を後押し(毎日新聞)

<ひき逃げ容疑>100メートル引きずり、はねる 女逮捕(毎日新聞)

 大阪府警南署は21日、堺市西区鳳中町4丁、会社員、辻本青空(みそら)容疑者(27)を自動車運転過失傷害と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。容疑は同日午前5時55分ごろ、大阪市中央区難波4の府道で、交通トラブルから辻本容疑者の乗用車のサイドミラーにしがみついたトラック運転手、野口喜代志さん(47)=大阪市西淀川区=を約100メートル引きずった後にはね、逃走したとしている。野口さんは意識不明の重体。

 野口さんの車のサイドミラーが折れており、同署は車同士の接触があったとみている。辻本容疑者は「窓ガラスをたたかれ、怖くなって発進した」などと供述しているという。辻本容疑者から基準値を超えるアルコール分を検出し、同署は酒気帯び運転容疑でも調べる。【佐藤慶】

【関連ニュース】
DNA誤登録:採取時、記名せず…神奈川県警
沖縄米軍ひき逃げ:女性3曹「基地内で飲酒」
沖縄ひき逃げ:米3曹容疑認める 県警が任意聴取
ひき逃げ:米憲兵隊が女性下士官拘束 沖縄県警が出頭要請
ひき逃げ:米軍車両が追突、逃走 子ども2人けが 沖縄

海水浴場原則禁煙条例が委員会可決 神奈川県議会(産経新聞)
「らき☆すた」住民票大量売れ残り、廃棄の危機(読売新聞)
<近鉄名古屋線>特急に男性はねられ即死 愛知・蟹江の踏切(毎日新聞)
<鶴岡八幡宮>「無事に育って」…移植の大銀杏を一般公開(毎日新聞)
白バイと自転車が交差点で衝突=サイレン鳴らし緊急走行中−広島(時事通信)

盗撮の成田空港巡査を逮捕=スカート内にデジカメ−神奈川県警(時事通信)

 女子高生のスカートの中にデジタルカメラを差し入れたとして、神奈川県警は15日夕、県迷惑防止条例違反容疑で、千葉県警成田国際空港警備隊巡査宮脇拓也容疑者(27)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は同日午後6時40分ごろ、横浜市栄区笠間のゲームセンターで、プリクラをしていた女子高校生の背後からスカートの中にデジタルカメラを差し入れた疑い。 

【関連ニュース】
名古屋高検検事に盗撮容疑=迷惑防止条例違反で捜査
スカイマークに立ち入り=相次ぐ不祥事受け
防犯団体、活発に活動=「月に20日以上」が4割
女子トイレ侵入容疑で早大生逮捕=「のぞきたかった」
中学臨時教員を逮捕=書店で盗撮容疑

絶縁体 電気信号伝達 夢の「8割省エネ」(毎日新聞)
【土・日曜日に書く】特別記者・千野境子 「もう一つの日米50年」から(産経新聞)
「子ども手当」「高校無償化」 きょう委員会可決(産経新聞)
<NHK>草薙氏に100万円払い和解 報道めぐる訴訟で(毎日新聞)
【日本人とこころ】白川静と出遊(上) 漢字を読み解く知的冒険 (産経新聞)

<ニュース1週間>日米密約「あった」/文京区長、首長で初の育休/茨城空港が開港(毎日新聞)

 今週(3月6日〜12日)のニュースをまとめた。

【日米密約問題】外務省調査報告書の全文

 ◇日米密約「あった」

 日米両政府の四つの外交「密約」を検証していた外務省の有識者委員会(座長・北岡伸一東大教授)は9日、報告書をまとめ、岡田克也外相に提出した。報告書は、1960年の日米安保条約改定時に「核搭載艦船の寄港・通過」を事前協議の対象外とする密約があったと指摘される問題について、日米間に「暗黙の合意」があったとして、「広義の密約」と結論づけた。「朝鮮半島有事の戦闘作戦行動」「沖縄返還時の原状回復補償費の肩代わり」密約を合わせて三つの密約を認めた。

 ◇殺人などで時効廃止へ

 政府は12日、殺人など凶悪重大事件の公訴時効を見直す刑事訴訟法改正案を閣議決定した。公訴時効制度の見直しは05年の改正以来5年ぶり。未解決事件の被害者遺族の強い要望を受け、殺人など一部の罪で時効を廃止する内容で、刑事政策の転換となる。見直しは人を死亡させた犯罪が対象。殺人や強盗殺人など法定上限が死刑に当たる罪は時効を廃止し、傷害致死や危険運転致死、自動車運転過失致死などその他の罪は現行期間の倍に延長する。過去に発生した事件でも改正法の施行までに時効が完成していなければ適用対象となる。

 ◇文京区長、首長で初の育休

 東京都文京区の成沢広修(なりさわ・ひろのぶ)区長(44)が第1子誕生を受け、4月3〜15日の約2週間、「育児休暇」を取ると区議会などに報告していたことが分かった。区長の育児休暇は制度化していないが、率先して取得することで「男性の育児」への理解を求めたいという。厚生労働省は「自治体首長の育児休暇取得は聞いたことがない」としており、男女合わせて自治体首長では初めてとみられる。文京区ではこれまで男性職員が育児休暇をとった例もなかった。男性の首長や政治家の育児休暇は、海外では英国のブレア前首相が00年、第4子の誕生時に2週間取って話題になった。

 ◇茨城空港が開港

 国内98カ所目の空港となる茨城空港(茨城県小美玉市)が11日、航空自衛隊百里基地との共用飛行場として開港した。同空港は羽田や成田とすみ分け、格安航空会社(LCC)の拠点となる「首都圏第3空港」を目指すが、定期便は韓国・アシアナ航空のソウル便とスカイマークの神戸便がそれぞれ1日1往復するのみ。アクセス整備も追いつかず、需要拡大が不安視されている。

 ◇経団連、企業・団体献金やめます

 日本経団連の御手洗冨士夫会長は8日、企業・団体献金への組織的な関与を中止する方針を正式に発表した。政治献金の目安として、会員企業などに提示してきた民主、自民両党に関する採点方式による政策評価を今年からやめる。昨夏の政権交代を機に「硬直的で時代の変化に十分対応していない」(御手洗会長)と判断した。08年の献金額は自民党約27億円、民主党1億円余りだった。

 ◇B型肝炎訴訟、初の和解勧告

 集団予防接種で注射器が使い回されたことが原因でB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者ら57人(うち3人死亡)が国に総額19億9650万円の損害賠償を求めた「B型肝炎北海道訴訟」で、札幌地裁(中山幾次郎裁判長)は12日、原告・被告双方に和解を勧告した。札幌も含め全国10地裁で係争中のB型肝炎訴訟で、和解が勧告されたのは初めて。今後は問題の早期解決に向け、国側が和解のテーブルに着くかどうかが焦点になる。

 ◇佐渡のトキ襲われ9羽死ぬ

 環境省は10日、新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターで、国の特別天然記念物のトキ9羽が死んだと発表した。被害にあったのは、今秋の放鳥前に飛翔(ひしょう)や餌を取る訓練をする施設「順化ケージ」内で訓練中の11羽のうちの9羽。3回目の放鳥に向けて訓練中のもので、今後の野生復帰計画への影響が懸念される。環境省は11日、施設内に残された足跡から、襲った小動物はイタチ科のテンと判明したと発表した。

 ◇シー・シェパードのメンバーを逮捕

 南極海の調査捕鯨船の監視船「第2昭南丸」(712トン)に反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」のメンバーの男が不法侵入した問題で、船員法に基づき男を保護した同船は12日早朝、日本の領海に入った。午前11時ごろ東京・晴海に入港し、海上保安庁はニュージーランド人のピーター・ベスーン容疑者(44)を艦船侵入容疑で逮捕した。

 ◇iPS細胞で「腸」作成

 さまざまな細胞に分化できる人工多能性幹細胞(iPS細胞)から腸を作り出すことに、奈良県立医大(奈良県橿原市)の中島祥介(よしゆき)教授(消化器外科)らの研究グループがマウスを使った実験で成功した。これまでは平面的なシート状のものしかなかったが、管状の立体的な腸を作ったのは世界初という。患者本人の細胞から臓器を再生させ、拒絶反応なく体内に移植する再生医療や移植医療への応用が期待される。

 ◇北野武監督に仏芸術文化勲章

 フランス文化省は9日、映画監督でタレントの北野武さん(63)に、同国の芸術文化勲章の最高章コマンドール章を授与すると発表した。同日、ミッテラン文化相から授与された。フランスの芸術文化勲章は3段階あり、コマンドールは最上位の勲章。

 ◇アカデミー賞「ハート・ロッカー」が6冠

 第82回アカデミー賞(映画芸術科学アカデミー主催)の授賞式が7日(日本時間8日)、米ロサンゼルスであり、「ハート・ロッカー」が作品賞を獲得した。イラク戦争の現場で爆発物を処理する米兵を描いた作品で、キャスリン・ビグロー監督(58)が女性として監督賞を初受賞。「ハート・ロッカー」は他の賞と合わせて6冠を制し、3冠にとどまった「アバター」を上回った。「アバター」はビグロー監督の元夫ジェームズ・キャメロン監督(55)の作品。また長編ドキュメンタリー賞は日本のイルカ漁を告発した米映画「ザ・コーヴ」が受賞した。

 ◇「JAYWALK」のボーカリスト逮捕

 東京都港区で覚せい剤を所持していたとして、バンド「JAYWALK」のボーカリスト、中村耕一容疑者(59)が9日未明、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で警視庁麻布署に現行犯逮捕されていたことが分かった。麻布署は使用の有無や入手先を捜査している。JAYWALKは1980年に結成され、91年に発売した「何も言えなくて…夏」がミリオンセラーになった。

 ◇G1最多タイのウオッカ引退

 日本中央競馬会(JRA)は7日、中央競馬でG1最多タイとなる7勝を挙げたウオッカ=牝6歳、角居勝彦厩舎(きゅうしゃ)=の引退を発表した。4日にドバイ(アラブ首長国連邦)で行われたレースで8着に敗れた後、鼻出血が判明。角居調教師と谷水雄三オーナーで話し合い、引退レースだった27日のドバイ・ワールドカップは出走させずに引退することを決めた。

【関連ニュース】
【未解決凶悪事件の特集】忘れない 「未解決」を歩く
【写真特集】茨城空港、開港
【写真特集】入港する「第2昭南丸」や逮捕されたピーター・ベスーン船長移送の様子
【写真特集】日本の名馬

<東京モノレール>レールの下に人 上下線全線運転見合わせ(毎日新聞)
女性飛行士と宇宙生活 山崎直子さん、来月5日に初飛行(産経新聞)
<ケニア人元留学生>在留特別許可求め入管出頭 元駅伝選手(毎日新聞)
300万円程度の弁護士報酬、2200万請求(読売新聞)
石巻3人殺傷「前夜の110番で襲撃決意」(読売新聞)

<雑記帳>アルコール分完全ゼロのワイン風味飲料 山梨(毎日新聞)

 山梨県甲州市のワイナリー「シャトー勝沼」(今村英勇会長)が、アルコール分完全ゼロのワイン風味飲料「KatsunumaGrape」を19日から全国で発売する。

 飲酒運転の厳罰化で、ノンアルコールビールの需要は急増中。ノンアルコールワインと銘打った商品もあるが、同社によると、微量のアルコールを含んでいたり、ブドウジュースに似た味がほとんどだった。

 新商品はブドウ果汁に緑茶の葉をつけ込むことで、ワイン特有の渋みを再現した。720ミリリットル入り1050円。同社は「料理との相性もいい。ドライバーもワインの味に酔いしれて」。【曹美河】

【関連ニュース】
酒気帯び運転:三重県職員の懲戒免職取り消し確定 最高裁
酒気帯び容疑:自称音楽家を逮捕 栃木県警
引きずり殺害:被告が殺意否認 大阪地裁初公判
佛教大野球部:後輩に「金貸せ」から「当たり屋」まで指示
飲酒運転理由:元教諭の懲戒免取り消し確定 最高裁

JR京浜東北線、人身事故で全線運転見合わせ(読売新聞)
事故通報怠り、味の素に警告=事業所の火災や劇物漏えい−三重の消防(時事通信)
中高一貫校で35人が結核に集団感染―東京都(医療介護CBニュース)
北教組 日高支部では“闘争マニュアル” 「国旗・国歌を排除」(産経新聞)
民家火災、4人死亡=石材業男性の一家か−群馬(時事通信)

<愛子さま>強い不安感などで学校休む 同学年に乱暴な子(毎日新聞)

 宮内庁の野村一成・東宮大夫は5日、皇太子ご夫妻の長女愛子さま(8)が1日から学習院初等科を休んでいると発表した。愛子さまは現在2年生。野村東宮大夫によると、同学年に乱暴な男児が複数おり、愛子さまは強い不安感と腹痛などを訴えているという。

 愛子さまは1日は学校を休み、2日は通学したが早退し、その後休んでいる。野村東宮大夫は乱暴の具体的な内容は述べなかったが、愛子さまにけがはないという。宮内庁と学習院初等科は協議し、学習院では対応策を講じているという。【真鍋光之】

性犯罪の量刑見直しを 強盗強姦未遂被告に懲役7年(産経新聞)
恐竜絶滅 1回の小惑星衝突が原因 直径10〜15キロ(毎日新聞)
鳥取不審死、元ホステスを強盗殺人容疑で再逮捕(読売新聞)
残業時間、18カ月ぶりプラス=生産持ち直しで−厚労省1月調査(時事通信)
覚せい剤1.5キロ密輸図る=体に巻き、香港人逮捕−成田(時事通信)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
ブラック キャッシング OK
ショッピング枠現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
クレジットカード現金化
債務整理無料相談
モバイル ホームページ
情報起業
現金化
selected entries
archives
recent comment
  • <菅首相会見>その11止 官房機密費「何らかのルールは必要」 (毎日新聞)
    AtoZ (08/27)
  • <菅首相会見>その11止 官房機密費「何らかのルールは必要」 (毎日新聞)
    ボーン (01/19)
  • <菅首相会見>その11止 官房機密費「何らかのルールは必要」 (毎日新聞)
    リンデル (01/13)
  • <菅首相会見>その11止 官房機密費「何らかのルールは必要」 (毎日新聞)
    カドルト (01/08)
  • <菅首相会見>その11止 官房機密費「何らかのルールは必要」 (毎日新聞)
    道隆 (01/03)
  • <菅首相会見>その11止 官房機密費「何らかのルールは必要」 (毎日新聞)
    タンやオ (12/29)
  • <菅首相会見>その11止 官房機密費「何らかのルールは必要」 (毎日新聞)
    パイン (12/15)
  • <菅首相会見>その11止 官房機密費「何らかのルールは必要」 (毎日新聞)
    ポロネーゼ (12/05)
  • <菅首相会見>その11止 官房機密費「何らかのルールは必要」 (毎日新聞)
    ポコラーニャ (11/27)
  • <菅首相会見>その11止 官房機密費「何らかのルールは必要」 (毎日新聞)
    しゅうじん (11/22)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM